個人事業主 (自営業) 法人カードおすすめランキング

個人事業主 (自営業) おすすめ法人カードランキング

最終更新日: 2022年6月23日
個人事業主ランキング
  • 1位

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    ランキング1位の法人カード

    年会費
    税込22,000円 (条件により半額)
    審査通過率
    約55%

    詳細を見る

  • 2位

    三井住友ビジネスカード for Owners

    ランキング2位の法人カード

    年会費
    税込1,375円 (実質無料)
    審査通過率
    約65%

    詳細を見る

  • 3位

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    ランキング3位の法人カード

    年会費
    税込36,300円 (初年度無料)
    審査通過率
    約60%

    詳細を見る

個人事業主の方におすすめの法人カードをランキングで紹介します!

法人カードを作るとき、何がおすすめか分からない人も居ることでしょう。
特に個人事業主は法人代表者より比較すべき点が多く、法人カードの吟味が大変です。

また法人カードの選び方が分からないと、自分に合う法人カードが見つからないかも知れません。

そんなことにならないよう、当サイトでは個人事業主の方におすすめの法人カードを厳選!
各性能と独自調査で判明した審査通過率 (*1) を基に、おすすめの4枚をランキングで紹介します。
(*1) 申請者に対して通過者の割合を表したもの (平均45%) 。

どの法人カードを作るべきか分からず困っていた個人事業主の方は、ぜひ当ランキングを参考に法人カードを選んでみてください!

【ランキング】個人事業主におすすめの法人カードを比較

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

  • 年会費:税込22,000円 (条件により半額)
  • 利用限度額:最高500万円
  • 審査通過率:約55% (当サイト調べ)
  • 本来は年会費45,000円の「プライオリティパス」が無料に!
  • 最短3営業日で郵送にて発行可能。

個人事業主におすすめの法人カード、ランキング第1位は「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。
※以下:セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

こちらは、旅行が好きな個人事業主の方におすすめの法人カード。
というのも、1.125%という驚異的なマイル還元率を有しているからです。

そのうえ、最高補償額が1億円の保険を備えていたり、コンシェルジュを利用できたり。
また無料でプライオリティパスを作れたりと、これ1枚で様々なトラベルサポートを受けられます!

それゆえ、年会費は多少の値が張る「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」。
しかし、同ランク帯では最も安いうえ、年会費以上の恩恵を受けられるのでお得と言えるでしょう。

ちなみに、この法人カードの審査通過率は意外にも約55%と高め。
2人に1人は通った記録なので、高ランクの法人カードを作りたい個人事業主の方にもおすすめです。

個人事業主おすすめランキング2位
  • 年会費:税込1,375円 (実質無料)
  • 利用限度額:最高150万円
  • 審査通過率:約65% (当サイト調べ)
  • 「ポイントUPモール」での買い物は獲得ポイントが最大20倍!
  • 審査の必要書類は「本人確認証」と「銀行通帳」のみ。

個人事業主におすすめの法人カード、ランキング第2位は「三井住友ビジネスカード for Owners 」です。

こちらは、一般ランクながらも高性能で個人事業主の方から人気の法人カード。
というのも、決済方法を「マイ・ペイすリボ (リボ払い)」にすることで、性能面が強化されるからです。

例えば、本来は0.5%のポイント還元率も、このサービスの活用で1.0%にアップ。
他にも税込1,375円の年会費が無料になってしまうなど、嬉しいサービスとなっています!

また、こちらを活用せずとも「旅行保険・キャッシング・レストラン優待」など、一般ランクながらも便利なサービスを受けられます。

デメリットを挙げるならば、リボ払いによる手数料が発生してしまうこと。
調整すれば1円に抑えることもできますが、それによる弊害なども出てきます。

そういったことが面倒に思う個人事業主の方であれば、別の法人カードがおすすめです。

ちなみに、この法人カードの審査通過率は約65%と全法人カードの中でも通過しやすい部類。三井住友という有名な発行会社による信頼性もあるため、そういった面からも個人事業主の方におすすめです。

アメックス・ビジネスゴールド

  • 年会費:税込36,300円 (初年度無料)
  • 利用限度額:一律制限なし
  • 審査通過率:約60% (当サイト調べ)
  • 最高補償額1億円の海外旅行保険を付帯。
  • 会食のセッティングにレストラン予約サービス!

個人事業主におすすめの法人カード、ランキング第3位はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。

こちらは、ゴールドランク随一のステータス性を誇る法人カード。
個人事業主は社会的地位を低く見られがちですが、この法人カードを持てば向けられる目線を変えられることでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの魅力は、ステータス性だけに留まりません。

例えば「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入すると、マイル還元率が1.0%に。
またポイントの有効期限が無くなるので、消失の心配なく有意義に貯めることができます。

高額補償の旅行保険や、空港ラウンジの無料利用サービスもあるため、トラベルサポートにおいて優秀な1枚と言えます。

そんなアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、審査通過率が意外にも高い法人カード。
約60%もの通過者を出した法人カードなので、審査が不安な個人事業主の方にもおすすめです!

個人事業主おすすめランキング5位
  • 年会費:0円 (永年無料)
  • 利用限度額:公式サイト参照
  • 審査通過率:調査中
  • 永年無料の年会費なので一切の負担が無い!
  • 1.0%ものポイント還元率は経費削減に貢献。

個人事業主におすすめの法人カード、ランキング第4位は「NTT Biz カードレギュラー」です。

こちらは、なかなか珍しい「年会費が永年無料」の法人カード。
一切の負担がありませんので、導入費用を掛けたくない個人事業主の方におすすめです!

年会費だけでなく、ポイント還元率も魅力的である「NTT Biz カードレギュラー」。
還元率は1.0%もあるため、経費の決済を集約すれば大きなリターンを得られることでしょう。

他にも、旅行保険やショッピング保険、それから「WEB明細編集サービス」という経費処理を簡単にする特典を利用できる1枚!

少々シンプルな性能でも問題ないという個人事業主の方に、おすすめの法人カードです。

オリコEXGold forBiz
  • 年会費:税込2,200円 (初年度無料)
  • 発行対象:法人 / 個人事業主
  • 国際ブランド:VISA / Mastercard
  • 最大ポイント還元率1.1%で個人事業主の経費削減をサポート!
  • 独自調査によって審査通過率が約60%とわかった法人カード
  • 個人事業主の方は最高100万円のキャッシング機能を付帯可能

個人事業主におすすめの法人カードランキング第5位は、「オリコEXGold forBiz」。
当サイトでは、個人事業主の方から非常に人気のコスパ最強法人カードです!

オリコEXGold forBizは、高いポイント還元率が魅力の法人カード。
最大で1.1%まで上昇するポイント還元率は、法人カードでも業界最高水準です。

しかも、特定の通販サイトを利用する際には、さらにポイント還元率がUP。
これほど高いポイント還元率を持つ法人カードなので、個人事業主の方の経費削減に大きく貢献してくれることでしょう!

また、オリコEXGold forBizには、「招待日和」というサービスが付帯しています。
招待日和とは、特定のレストランにて、コース料理2名分以上を予約した際、1名分の料金が無料になるサービスのことです。

個人事業主の方のなかには、同じ個人事業主同士、会食や打ち合わせを行う方もいるのではないでしょうか?
そのような個人事業主の場合、接待費を浮かせられるので、支払うお金を抑えられます。
高級料理店なども対象になっているので、大切な場面でも素敵なお店を利用でき、お互いに気持ちの良い話し合いが行えるのではないでしょうか!

そんなオリコEXGold forBizは、年会費が税込2,200円と法人カードでも非常に安く、また今なら初年度無料となっています。
まずは使い心地を試したい個人事業主の方もいるかもしれませんが、1年目はノーコストなので安心して利用可能です。

個人事業主の経費削減に良い影響をもたらすこの法人カードを、申し込んでみてはいかがでしょうか!

クイック申し込み

三井住友ビジネスカード for Owners ゴールド
  • 年会費:税込11,000円 (初年度無料)
  • 発行対象:法人 / 個人事業主
  • 国際ブランド:VISA Mastercard
  • 低金利なキャッシング機能でいつでも現金を用意できる!
  • 最短1週間での短期間発行に対応!
  • 信頼できる三井住友発行なので個人事業主の方も安心して申し込める!

個人事業主の方におすすめするランキング第6位の法人カードは、「三井住友ビジネスカード for Owners ゴールド」。
この法人カードは、個人事業主の方のキャッシュフロー改善に貢献しやすい1枚です。

三井住友ビジネスカード for Owners ゴールドは、最高50万円のキャッシング機能を備えられます。
これにより、現金が足りなくなったり突如多額のお金が必要になったりした際、すぐに対応できるのが魅力です。

しかも、法人カードでキャッシングを行うと、手数料が変動制であることが多く、多くの場合は年率18%も掛かってしまいます。
ですが、三井住友ビジネスカード for Owners ゴールドは金利手数料が15%で固定されているので安心!
必要以上に金利手数料を取られず、計算がしやすいので、個人事業主の方が利用しやすいキャッシング機能となっています。

他にも、様々な店舗でボーナスのあるポイントサービスや、国内外最高5,000万円の旅行傷害保険も付帯。
主に国内で利用できる空港ラウンジサービスなどもあり、比較的性能が高くなっています。

信頼の厚い三井住友が発行する法人カードなので、個人事業主の方も安心して申し込めるのではないでしょうか!

クイック申し込み

事業費決済用のビジネスカードを作るメリット

個人事業主が法人カードを作るメリットとは?

個人事業主の方が法人カードを利用するメリットは、以下の6つ!

  • 公私混同を避けられる
  • 経費処理の効率化が見込める
  • 経費削減が狙える
  • キャッシュフローの安定が図れる
  • 付帯サービスが利用できる
  • 旅行傷害保険を利用できる

どういったメリットなのか、メリットを1つ1つ解説します!

その1:決済の公私混同を避けられる

その1:決済の公私混同を避けられる

1つ目のメリットは、決済を公私混同で避けられることです。

クレジットカードで経費を支払う個人事業主の方も居ることでしょう。
その場合、公私の決済が混同してしまい、後の確認時に見分けにくくなるのでおすすめしません。

そんな個人事業主の方におすすめなのが、法人カードです!
法人カードは経費を決済するためのクレジットカードなので、公私で使い分けることができます。

当然ながら利用明細書も別々なので後の確認も楽になり、経費処理を自身で行う個人事業主の方にこそ大きなメリットとなります!

その2:個人事業主の経費処理の効率化を見込める

その2:経費処理の効率化を見込める

2つ目のメリットは、経費処理の効率化を見込めることです。

上述した公私混同を防ぐことはもちろんのこと、従業員を抱える場合は追加カードの活用で簡略化を図れるメリットがあります。

追加カードとは、子カードとなる法人カードを発行できるサービス。
その特徴は、追加カードの利用分は親カードに集約されるという点です。

これにより、従業員に持たせれば経費の立替と変換が不要に。
また利用内容は明細書に記載されるため、何に使ったかの確認も簡単に行えるメリットもあります!

その3:経費削減を図れる

その3:経費削減を図れる

3つ目のメリットは、経費削減を図れることです。

大抵の法人カードには、還元サービスなるものが付帯。
それを活用することによって、個人事業主でも簡単に経費削減を行えます!

例えば、利用額100円毎に1ポイントを貰える法人カードとしましょう。
そのポイントが「1pt=1円」だった場合、利用額に対して1%もの還元を受けられます。

1%と聞くと大したことが無いように思いますが、消費税で考えると大きいと思いませんか?
法人カードを導入するだけで1%も浮くので、経費削減を図る個人事業主の方にはメリットと言える代物です!

その4:個人事業主のキャッシュフローを調整しやすくなる

その4:キャッシュフローを調整しやすくなる

4つ目のメリットは、キャッシュフローを調整しやすくなることです。

個人事業主にとって、キャッシュフローの安定は大きな課題。
毎月の収入が一定ではない個人事業主の方も多く、大変かと思います。

そんなキャッシュフローの問題ですが、法人カードを導入すると解決することも。

例えば、法人カードの返済は後日に行うので、支払いを先延ばしにすることが可能。
またキャッシング機能を利用すれば、すぐに現金を調達できキャッシュフローを調整できます。

個人事業主だと、キャッシュフローの関係でビジネスチャンスを逃すこともあるでしょう。
そういった可能性を下げるメリットがあるので、個人事業主の方に法人カードはおすすめです。

その5:個人事業主でも様々なビジネスサポートを受けられる

その5:様々なビジネスサポートを受けられる

5つ目のメリットは、様々なビジネスサポートを受けられることです。

法人カードには、個人事業主のサポートとなるサービスが備わっています。
このサービスを利用できるのが、個人事業主が法人カードを導入するメリットです。

例えば、経理業務を効率化するソフトを優待価格で提供してくれる法人カードが存在。
またホテルやレストランで割引を受けられたり、空港ラウンジを無料で利用できたりといった法人カードもあります。

こうした法人カードを導入することで、選択肢が増えるうえ、低価格で利用可能に。
様々なビジネスシーンで役立つメリットなので、個人事業主の方なら持っておくべきでしょう。

その6:旅行傷害保険を利用できる

その6:旅行傷害保険を利用できる

6つ目のメリットは、旅行傷害保険を備えていることです。

個人事業主の方の中には、地方や海外に行く機会がある方も居ることでしょう。
その際、保険に関して加入金が安いところを探したり長い手続きが必要だったりと、面倒な思いをした個人事業主の方も居るのでは?

そこで法人カードの保険サービスです!

法人カードの旅行傷害保険なら、所持するだけ補償を受けることが可能。
それも高いもので最高1億円、一般ランクでも最高3,000万円といった法人カードもあるので、個人事業主なら1枚持っておきたいところです!

なかには、本会員の家族も対象とする法人カードもあるので、旅行の機会がある個人事業主の方には大きなメリットでしょう。

個人事業主がビジネスカードを持つデメリット

個人事業主の方が法人カードを持つべき5つのデメリットとは?

個人事業主に多くのメリットをもたらしてくれる法人カード。
ただ、法人カードには、いくつかデメリットもあります。

そのデメリットが以下の通りです。

  • 年会費が掛かる
  • 不正利用の危険性がある

まず個人事業主の方が知っておくべきデメリットは、法人カードは年会費が掛かること。
「一般⇒ゴールド⇒プラチナ」と年会費は上がっていき、プラチナだと税込55,000円の法人カードもあります。

ただ、一般ランクの法人カードだと年会費は税込1,375円ほど。
また年会費が無料の法人カードもあるので、物を選べばデメリットにはならないでしょう。

もう1つのデメリットは、不正利用の危険性があること。
紛失や盗難、またカード情報の抜き取りといったことで不正利用されるデメリットが常にあります。

また個人事業主の場合、社員が悪用しないとも限りません。
こうしたデメリットがあることも頭に入れ、法人カードを利用には注意しましょう。

自営業やフリーランスにおすすめの法人カードの選び方

個人事業主によるおすすめの選び方とは?

個人事業主の方が法人カードを作るなら、選び方は知っておくべき。
なぜなら、選び方を知らない個人事業主の方は、相性の悪い法人カードを作ってしまうかも知れないからです。

法人カードの選び方は、全ての項目を比較するのが理想です。
ただ、それでは大変なので、個人事業主の方が比較すべきおすすめの3項目を紹介します。

  1. ポイント還元率
  2. 審査通過率
  3. 年会費

選び方1:ポイント・マイル還元率

選び方1:ポイント還元率

個人事業主が比較すべき項目の1つ目は「ポイント還元率」です。

法人カードにおけるポイント還元率の平均値は「0.5%」。つまり、この0.5%の還元率を超える法人カードが個人事業主の方におすすめです。

また、ポイントに限らずマイルの還元率が高い法人カードもおすすめです。マイルとは航空会社のポイントのことで、国内ではANAとJALが有名です。

こうしたサービスにより、本来のポイント還元率から10倍以上も膨れ上がる法人カードもあるので、作るときは比較されると良いでしょう!

選び方2:個人事業主でも発行できるかどうか

選び方2:申請条件

個人事業主が比較すべき項目の2つ目は「申請条件」です。

法人カードを作るときは、必ず審査を受ける必要があります。
審査の無い法人カードは存在せず、落ちてしまうと発行できません。

この審査には申請条件があり、法人カードによっては個人事業主の申請を受け付けていないケースも。その点、この記事で紹介している法人カードは全て個人事業主でも発行できるため、安心してお申し込みください。

審査に不安のある個人事業主の方は、こうした個人事業主向けの法人カードを選択するのがおすすめです!

ちなみに、当サイトでは独自の調査を行い、各法人カードの審査通過率を算出。
各法人カードの結果はランキングに記載しているので、ぜひ参考にしてみてください!

選び方3:年会費

選び方3:年会費

個人事業主が比較すべき項目の3つ目は「年会費」です。

年会費は、その法人カードにおける性能やサービスが良質なほど高い傾向にあります。
つまり、高い年会費の法人カードを作ることで、嬉しいサービスを数多く受けられる訳です!

しかし、高すぎる年会費は大きな負担になることも忘れてはいけません。
また付帯サービスが豊富でも、それを利用しないのでは意味がないと言えます。

あなたの「使用用途」や「希望のサービス」を鑑みて、適切な年会費の法人カードを選びましょう。

個人事業主は審査に通りにくいって本当?

個人事業主は審査に通りにくいって本当?

個人事業主は、法人カードの審査が通りにくい傾向にあります。
なぜなら、個人事業主は安定した継続収入を得ている人が少ないからです。

そもそも発行会社が審査を行うのは、申請者の貸し倒れを防ぐため。
返済が滞るのは困るため、問題なく返済を行える人かを審査で見極めます。

その基準に「安定した継続収入」が含まれており、個人事業主は得ていない人が多いため、審査が通りにくい傾向にあります。

ただ、個人事業主だからといって必ずしも審査に通らない訳ではありません。
法人カードの審査ではクレヒスを見るので、それによっては通る可能性も十分にあります。

クレヒスとは、あなたが過去に交わした金銭のやりとりにおける評価。
「月極契約・クレカ利用・ローン」などの返済記録が反映されています。

  • 良い評価:延滞せずに期日通りキチンと支払った場合。
  • 悪い評価:引落日に返済できず延滞してしまった場合。

良い評価の個人事業主の方は、法人カードの審査に通る可能性が高いです!

ちなみに、このクレヒス (個人信用情報) は「CIC (信用情報機関)」で確認可能。
自信のクレヒスが気になる個人事業主の方は、ご覧になられることをおすすめします。

用途に合うおすすめの法人カードを探す!

事業形態に関わらず申し込めるものも!

当記事では、個人事業主におすすめの法人カードを紹介しました。
しかし、法人カードは他にも多くの種類があり、用途でおすすめの1枚が変わります。

そういった「用途別」に法人カードを選んでみるのもいかがでしょう?
以下で多数のランキングを紹介していますので、こちらも個人事業主は参考にしてみてください!

別のランキングを見る

TOP > 個人事業主 (自営業) 法人カードおすすめランキング