クレジットカードとは?初めて使うときでも大丈夫、初心者向け知識!

クレジットカードとは?基礎知識をわかりやすく解説

画像:クレジットカードとは

支払いツールの1つ「クレジットカード」。
クレジットカードとは一体どういったアイテムなのか、詳しく知らない方は意外と多いです。
とはいえ、「クレジットカードはどんなもの?」と、誰かに聞くのは少し気が引けますよね。

クレジットカードとは、後払いができる決済用ツールのこと。
店頭はもちろんのこと、オンラインショッピングや公共料金の支払いなど、様々なシーンで利用できます。
キャッシュレス決済の代表格として、多くの方に重宝されているのがクレジットカードです。

たくさんの方に重宝されているということは、クレジットカードには多くのメリットがあるということ。
ポイントが貯められたり付帯サービスが利用できたりする点は、クレジットカードの大きなメリットです。
ただ、使い過ぎの危険性があるというデメリットもあるので、クレジットカードは賢く使わなければいけません。

今回は、クレジットカードとは一体どんなものなのか、基礎知識をわかりやすく一挙に紹介!
クレジットカードとは何なのか、またメリット・デメリットに加えて、支払い方法・おすすめの所持枚数・選び方などを解説します。

上手にクレジットカードを利用する上で、前もって知識を持っておくことは非常に大切。
クレジットカードとはどんなアイテムなのかを知り、キャッシュレスライフを満喫しましょう!

クレジットカードとはどんなアイテム?

画像:クレジットカードとは

クレジットカードとは、「後払い」のできる決済用ツールのことです。
支払いによりポイントが貯まったり、旅行傷害保険が備わっていたりと、数多くのメリットがあります。

基本的にクレジットカードを利用するには、あなたの預金口座を紐づけることが必須
決済に利用すると、毎月の決められた返済日に紐づけた預金口座からクレジットカードの利用分が引き落とされるといった仕組みになっています。

例えば、毎月10日が返済日のクレジットカードを利用し、1月5日に5万円の商品を購入したとします。
この場合、クレジットカードの利用分(5万円)が引き落とされるのは、1ヶ月後の2月10日。
発行会社によって返済日は異なるものの、後払いでの決済となるのがクレジットカード最大の特徴と言えます。

そんなクレジットカードはコンビニやスーパー、カフェやファミレス、ネットショッピングなど幅広く利用可能。
また、家賃・公共料金・税金もクレジットカードで払えるので、現金を持たずとも決済できるところが大きな魅力です。

クレジットカードの仕組みについて

画像:クレジットカードの仕組みについて

上述した通り、クレジットカードとは「後払い」の決済ツールのことです。
この後払いの仕組みは、「利用者」・「加盟店」・「クレジットカード会社」の三者から成り立っています。

三者それぞれの立ち回りと、クレジットカード利用における流れは、以下の通りです。

  • STEP1
    利用者が、加盟店でクレジットカードを使う。
  • STEP2
    加盟店が、発行会社から購入代金を受け取る。
  • STEP3
    発行会社が、利用者に購入代金の請求をする。
  • STEP4
    利用者が、購入代金の返済を発行会社にする。
  • STEP5
    加盟店が、発行会社に手数料の支払いをする。

上記の通り、クレジットカードの仕組みとは、三者それぞれがメリットを得られるもの。
「利用者はクレジットカードによるスマートな買い物」・「加盟店は収益管理の効率化や支払い手段の多様化」・「カード会社は手数料による利益の向上」といったメリットを獲得できる仕組みになっているのです。

得られるメリットとは?

画像:メリットとは

クレジットカードを手に入れられることで得られるメリットとは、以下の通りです。

  • 現金がなくても買い物できる
  • 支払いを遅らせられる
  • ポイントを貯められる
  • 付帯サービスを利用できる
  • 支出が管理しやすくなる

クレジットカードとは、後払いによる決済ツールのこと。
そのため、現金を所持していなくても買い物できたり支払いを遅らせられたりといったメリットを獲得できます。

また、クレジットカードを利用すれば、ポイントを貯められます。

貯めたポイントは、カタログ商品マイルへの交換を始め、キャッシュバックに利用することも可能。
当然ながら、現金払いではポイントの還元を得られないので、よりお得に買い物できます。

さらに、クレジットカードに付いてくる様々なサービスを利用できるところも、大きなメリットの1つです。

充実した旅行傷害保険・コンシェルジュサービス・特定店舗での割引など、付帯するサービスはクレジットカードによって様々。
付帯サービスが豊富なクレジットカードを選べば、色々なシーンで恩恵を受けられることでしょう!

そして、クレジットカードを手に入れることにより、支出が管理しやすくなるといったメリットも得られます。
これは、クレジットカードに利用明細書の送付サービスが備わるためです。

仮に、日々の買い物や支払いをクレジットカードにまとめれば、家計の管理は利用明細書を確認するだけでOK!
現金払いのとき以上に管理が楽になることは間違いないでしょう。

デメリットについても知っておこう

画像:デメリットについて

数多くのメリットを得られるクレジットカードにも、いくつか気を付けなければいけないデメリットがあります。

  • 不正利用のリスクがある
  • お金を使いすぎてしまうかもしれない

主に、不正利用が起きてしまうシチュエーションとは、クレジットカードを紛失したり盗難されたりしたとき
ごくまれに、ネットショッピングでの利用が原因でクレジットカードを不正利用されてしまうこともあります。

とはいえ、基本的にどのクレジットカードにも、不正利用時の補償が備わっています。
なので、クレジットカードの不正利用は大きなデメリットとは言えないでしょう。

ただ、クレジットカードの使いすぎは、大きなデメリットになり得るかもしれません。
これは、クレジットカードが後払いの決済ツールだから
お金を使っている実感が湧きにくく、ついつい使いすぎてしまう方が多くいます。

もし、クレジットカードを使いすぎてしまい、返済日までに預金残高が足りていないと、支払いの遅延という扱いになってしまいます。
支払いの遅延になると、あなたの信用情報に傷が付くだけでなく、「遅延損害金」という罰金が発生してしまうかもしれません。
こういったトラブルを引き起こさないためにも、クレジットカードの計画的な利用を心掛けましょう。

支払い方法は全部で4種類

画像:支払い方法について

クレジットカードの支払い方法には、合計4つの種類があります。

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い
  • ボーナス一括払い

一括払いとは、購入代金を1回で全額支払う方法のこと。
一方で分割払いとは、購入代金を複数回に分けて支払う方法のことです。

分割払いできる回数は、クレジットカードの発行会社によって様々。
基本的には手数料が掛かってしまうため、余裕があるなら一括払いでの支払いをおすすめします。
(※ 分割回数が2回の場合、手数料は掛かりません)

続いてリボ払いとは、毎月の返済金額を一定額に設定して支払う方法のことです。

リボ払いは返済する金額が毎月変わらないため、支出の管理がしやすい点がメリット。
しかし、仮に大きな買い物をしたとすると、支払い期間が延びるだけでなく、手数料も増えてしまいます。
多額の手数料を払う可能性が高くなるため、あまりリボ払いは利用しない方が良いでしょう。

最後にボーナス一括払いとは、年2回のボーナス時(主に夏と冬)に一括で購入代金を支払う方法のことです。
例えば、ボーナス一括払いで4月に30万円の買い物をしたとすると、30万円を支払うのは夏 or 冬のボーナス時。
支払いを数ヵ月遅らせられるのにもかかわらず、手数料は一切掛からないため、大きな買い物をする際におすすめの支払い方法です。

ちなみに、ボーナス払いには、夏と冬で半額ずつ払う「ボーナス2回払い」という支払い方法もあります。
ただ、クレジットカードの発行会社によっては利用できないこともあるので、確認しておくようにしてください。

クレジットカード毎に異なる点とは

画像:クレジットカード毎に異なる点とは

クレジットカードには、発行会社によって異なる点がいくつかあります。

ここからは、クレジットカード毎に異なる点とは何なのか、2つ紹介します。

国際ブランド

画像:国際ブランドについて

国際ブランドとは、クレジットカードの券面右下に描かれているマークのことです。
「VISA」・「Mastercard」・「JCB」と言えば、聞いたことがある方もいることでしょう。
これらを含め、国際ブランドには全部で7種類あります。

  1. VISA
  2. Mastercard
  3. JCB
  4. American Express
  5. Diners Club
  6. Union Pay
  7. Discover

上記7種類の内、日本での利用がメインなのであれば、1~5を採用しているクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

クレジットカードの中には、1枚でいくつかの国際ブランドから選べるものがあります。
例えばライフカードは、VISA・Mastercard・JCBの3種類から国際ブランドを選ぶことが可能。
国際ブランドによっては、利用できる店舗や特典の数が異なるので、しっかり比較することをおすすめします。

ただ、その比較が初心者だと難しいので、迷ったらVISAを選ぶようにしてください。
シェア率50%以上を占めるので、世界各地で使えるといったメリットと安心感のある国際ブランドです。

ランク

画像:ランクについて

クレジットカードのランクとは、主に以下の通りです。

  • 一般
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ブラック

基本的に、これらのランクにおける定義は決められていません。
例えば、一般ランクなのに年会費が1万円を超えるものもあれば、ゴールドなのに2,000円で所持できるクレジットカードもあります
発行会社によってランクの定義は異なるので、あなたに合ったクレジットカードを探すことが大切です。

各ランクにおける定義は決められていないものの、ランクが上がるにつれてステータス性が高くなる点は一般的。
ただ、ステータス性が上がるということは、それだけ審査が厳しくなるということです。
そのため、初めてのクレジットカードを選ぶなら、一般ランクをおすすめします。

ちなみに、ブラックランクのクレジットカードは申し込みでの発行ができず、招待制となります。
目にする機会は少ないので、特に気にしなくても良いでしょう。

おすすめの所持枚数は2~3枚

画像:おすすめの所持枚数について

クレジットカードの所持枚数は、基本的に2~3枚がおすすめです。

平成29年3月末のクレジットカード発行枚数 (調査回答社数260社) は、2億7,201万枚で、前年比 2.3%の増加となった。
成人人口※比では、1 人当たり 2.6 枚保有していることとなる。
※総務省統計局「人口推計」平成29年3月1日現在の20歳以上の総人口1億502万人

参照:クレジットカード発行枚数調査結果の公表について|一般社団法人日本クレジットカード協会

上記の通り、一般社団法人日本クレジット協会が調査したところ、平成29年3月末時点で1人あたり2.6枚保有していることがわかりました。

もし、クレジットカードを3枚作るのであれば、以下の組み合わせがおすすめです。

  • メイン:買い物に使用/高還元率のものが理想
  • サブ:買い物に使用/高還元率のものが理想/メインとは別の国際ブランドでも良いかも
  • サービス:付帯サービスで1枚という構成で3枚持つのが理想です。

ちなみに、クレジットカードの発行可能枚数に制限はありません。
ただ、たくさんクレジットカードを作ると、以下のようなデメリットがあります。

  • 年会費がかさむ
  • 獲得ポイントが分散する
  • 未使用の状態が続くと強制解約になることがある

これらのデメリットを踏まえ、理想の保有枚数は2~3枚と言えるでしょう。

申し込み方法とは?必要書類は計2点!

画像:申し込み方法とは?必要書類は計2点!

クレジットカードの申し込み方法は、以下の3通りです。

  • インターネット
  • 郵送
  • 窓口

上記3通りの中で最もおすすめなのは、インターネットで申し込む方法
これは、他の方法より時間や手間が掛からないためです。

インターネットで申し込む場合の発行までの流れは、以下にまとめています。

「インターネット」での作り方
  • STEP1
    公式サイトにアクセスする。
    各クレジットカードの公式サイトに行き、申込みページにアクセスします。
  • STEP2
    申込みページの必要事項を入力する。
    個人情報などいくつか質問されるので、それらを入力します。
    利用規約や同意書は目を通し、問題がなければチェックを押します。
  • STEP3
    発行会社による審査が行われる。
    返送した情報をもとに、発行会社が審査を行います。
    審査の過程で、いくつか質問するために電話が来ることがあります。
  • STEP4
    郵送されるカードを受け取る。
    審査の可否がメールなどで届き、通っていれば数日後にカードが届きます。

クレジットカードの作成時は、「銀行口座」・「本人確認書類」が必須。
本人確認書類として使えるのは、運転免許証やパスポート、在留カードなどです。
また、窓口で申し込む際は、「印鑑」を求められることもあるので覚えておきましょう。

クレジットカード選びで大切なこととは

画像:クレジットカード選びで大切なこととは

ここでは、クレジットカードを選ぶ上で大切なこととは何なのか、わかりやすく紹介します。

年会費

画像:年会費

まず、クレジットカードを比較する際は、年会費を確認しましょう。

クレジットカードによって掛かる年会費はバラバラ。
年会費が無料のものもあれば、数万円ものコストが掛かるクレジットカードもあります。

クレジットカード選びで非常に大切なこととは、年会費とのバランスを見極めること
年会費が高いクレジットカードほど、優れた性能やサービスを備えていることが多いです。

ただ、クレジットカードに高い性能を求めていないのであれば、高額な年会費を支払うメリットは感じられないことでしょう。
そのため、クレジットカードに何を求めているのか洗い出し、それに見合った年会費かどうかチェックすることが重要です。

ちなみに、年会費が永年無料のクレジットカードの中には、有料のものよりポイントが貯めやすいものもあります。
年会費が無料だからと言って、必ずしも全体的に性能が劣る訳ではありません。

ポイント還元率

画像:ポイント還元率

クレジットカード選びにおいて、ポイント還元率を比較することはとても大切です。

ポイント還元率とは、100円の利用額に対し、どれほどの還元かを表したもの
仮に、1ポイントの価値が1円のクレジットカードがあったとします。
この場合、1ポイントを得るのに100円のクレジットカード利用が必要だとすると、ポイント還元率は1.0%です。

  • 利用額100円が必要⇒ポイント還元率は1.0%
  • 利用額200円が必要⇒ポイント還元率は0.5%
  • 利用額500円が必要⇒ポイント還元率は0.2%

クレジットカードの平均還元率は0.5%程度。
1.0%以上のポイント還元率があるクレジットカードは、比較的ポイントが貯めやすいです。
そのため、ポイントの貯めやすさでクレジットカードを選ぶなら、1.0%を基準に比較してみてはいかがでしょうか?

申請条件

画像:申請条件

クレジットカードを選ぶ際は、申請条件もチェックするようにしましょう。
というのも、クレジットカードの申請条件を確認することにより、審査難易度を軽く推測できるためです。

申請条件とは、各クレジットカードに設けられている「申請者に求める条件」のこと。
例えば、申請条件に以下のような記載があったとします。

  • クレジットカードA:安定収入と社会的信用を有する連絡可能な方
  • クレジットカードB:18歳以上の方 (高校生不可)

クレジットカードAの場合、審査難易度は非常に高いと推測できます。

安定収入を求めるということは、収入関連を厳しく審査するということ。
また、社会的信用の有無も条件として設けているため、「役職がついているかどうか」・「事業で成功を収めているかどうか」などを見られる可能性があります。

反対に、クレジットカードBのように、安定収入に関する記載がない場合、審査に通りやすいのではと推測できます。
収入面をあまり厳しく見ない可能性があると判断できるため、審査が甘いと推測できるという訳です。

これらを踏まえ、クレジットカードを選ぶ際は、申請条件の記載内容をしっかりと確認してください。

付帯サービス

画像:付帯サービス

クレジットカードによって、付帯サービスの数や種類は様々です。
そのため、クレジットカードを選ぶ際は、どういった付帯サービスがあるのか、比較することをおすすめします。

付帯サービスを比較するとき大切なこととは、あなたが何を求めているか洗い出すこと
例えば、海外旅行時に使えるクレジットカードを手に入れたいのに、旅行傷害保険が充実していなければ不満を抱えてしまうかもしれません。
あなたがどんなシーンでよく利用するかを考え、それに適したサービスを備えているかどうかチェックしましょう。

国際ブランド

画像:国際ブランド

クレジットカードを手に入れる際は、選べる国際ブランドを確認することも大切。
これは、選択した国際ブランドによって、クレジットカードの使い勝手が変わってしまうためです。

クレジットカードは、選んだ国際ブランドを採用しているお店でのみ使える決まり。
例えば、国際ブランドにMastercardを選択したとすると、Mastercardを取り扱うお店でしか利用できません。
なので、多くのお店で利用可能な国際ブランドを採用するクレジットカードをおすすめします。

基本的には、VISA or Matercardを選べるクレジットカードであれば大丈夫です。
VISA・Mastercardのシェア率は、計7つある国際ブランドの中でトップ。
日本での利用はもちろんのこと、海外利用時にクレジットカードが使えずに困ることはそうないでしょう。

ちなみに、日本国内でのみ利用する予定なのであれば、JCBのクレジットカードでも問題ありません。

おすすめのクレジットカードはこちら!

画像:おすすめのクレジットカードについて

クレジットカードとは何なのか、ここまでで知れたのではないでしょうか。
それにより、「おすすめのクレジットカードとは一体どんなもの?」と思った方もいることでしょう。

そこで、今回おすすめのクレジットカードとして紹介するのが「JCB CARD W」。
このクレジットカードは、ポイントサービスが優秀なのにもかかわらず、年会費が永年無料と高いコスパを誇る1枚となっています!

なんと、JCB CARD Wのポイント還元率は常に1.0%
平均的なポイント還元率は0.5%なので、2倍もポイントが貯めやすいクレジットカードです。
クレジットカードを初めて持つという方でも、ザクザク貯めたポイントで欲しかった商品を獲得できるかもしれません。

しかも、このクレジットカードでは、「JCB ORIGINAL SERIES PARTNER」というポイントアップのサービスも利用可能です。

これは、対象店舗でJCB CARD Wを利用することにより、獲得ポイント数が増加するというもの。
セブン-イレブンやスターバックスなど、利用頻度が高そうなお店が対象店舗に含まれているので、誰でも楽にポイント集めの効率化が図れます!

これだけの性能を誇りながらも年会費は永年無料。
旅行傷害保険の充実度・審査の通りやすさともに申し分ないので、ぜひ検討してみてください!

JCB CARD Wの詳細

ランキングも見てみては?

画像:ランキングから選ぶのがおすすめ

今回は、クレジットカードとはどんなアイテムなのか、わかりやすく解説しました。
おすすめのクレジットカードも紹介したので、ぜひチェックしてみてください!

とはいえ、クレジットカードの種類は非常に豊富です。
もしかすると、あなたに最適なクレジットカードは、他のものかもしれません。

他のクレジットカードも探すなら、以下のページを参考にしてみてはいかがでしょうか。
1,000種類以上の中からおすすめの5枚を厳選して作成したランキングも紹介しているので、きっとあなた好みの1枚が見つけられると思います。

おすすめのクレジットカードを見る

タイトルとURLをコピーしました