クレジットカードを作りすぎるデメリット【適切枚数3枚の理由とは】

クレジットカードの作りすぎは注意!

画像:クレジットカードの作りすぎについて

クレジットカードを複数枚作ろうと考えている、もしくはすでに何枚も持っているという方もいると思います。
きっと、クレジットカードを作りすぎてもデメリットはないのか、不安な方が多いのではないでしょうか?

クレジットカードを複数枚所持することで獲得できるメリットは様々。
疑似的に利用限度額を増やせたり使い分けができたり利用できるサービスが増えたりと、クレジットカードを2枚以上所持すると多くの恩恵を得られます。

その反面、クレジットカードを作りすぎた場合、いくつか気を付けなければいけないことがあります。
例えば、年会費がかさんでしまう点は、クレジットカードの作りすぎによる大きなデメリットの1つ。
また、審査に通りにくくなるかもしれない点も、クレジットカードを作りすぎることで起きるデメリットと言えます。

今回は、そんなクレジットカードの作りすぎによるデメリットについて、メリットも交えながらわかりやすく解説。
クレジットカードは何枚まで作れるのか、また理想の所持枚数も紹介します。

魅力的なメリットがある物事には、いくつか見過ごせないデメリットがついてしまうもの。
そのデメリットについてしっかりと把握し、クレジットカードを複数枚所持することで得られる恩恵を存分に受けましょう!

クレジットカードは何枚まで作れる?

画像:クレジットカードを作れる枚数について

結論からいうと、1人当たりのクレジットカード発行枚数に制限はありません。
そのため、審査に通るのであれば、クレジットカードはいくらでも作ることができます!

例えば、複数枚作ることにより、保有する各クレジットカード全ての付帯サービスが利用可能。
また、磁器不良や限度額オーバーでクレジットカードが使えないときに、もう1枚で支払いを済ませられるといったメリットもあります。

クレジットカードの複数枚発行にはこうしたメリットがあるのですが、その反面作りすぎによるデメリットもあります。
その作りすぎによるデメリットとは、いったいどのようなことなのでしょうか?

クレジットカードの作りすぎによる3つのデメリット!

画像:クレジットカードの作りすぎによるデメリットについて

  • 1人で何枚も持っていても問題ない。
  • 保有するクレジットカードの特典を使える。
  • 予備のクレジットカードとして機能する。

一見すると、複数枚のクレジットカードを持つのはメリットのように思えます。
しかし、その裏では作りすぎによるデメリットがあるので、確認しておくのが大事です。

ここでは、クレジットカードを作りすぎるデメリットを3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

その1:年会費がかさんでしまう

画像:年会費について

クレジットカードを作りすぎると「年会費」がかさむので注意。
例えば、10枚のクレジットカードを作れば10枚分の年会費を払うので、維持が大変です。

仮に年会費を払えないと、クレジットカードが利用停止になる他、あなたの信用情報に傷がつきます

信用情報の傷は様々な場面で不利になる要素なので、作りすぎには注意しましょう。

その2:審査に通りにくくなる

画像:審査について

先ほど、審査に通るのであれば何枚でも作れると言いました。
しかしながら、作りすぎが原因で審査に通らないことも珍しくありません。

そもそもクレジットカードの発行に審査があるのは、金融事故を防ぐため。
発行会社は作りすぎの方に対し、「今すぐお金が必要だからクレジットカードを作りすぎているのでは?」と判断することも少なくありません。
そのため、クレジットカードを作りすぎてしまうと、審査に通らない可能性があるという訳です。

いくら何枚でも作れるといっても作りすぎは良くないので、最初の内は適切な枚数に止めておきましょう!

その3:強制的に解約させられることがある

画像:強制的な解約について

クレジットカードの中には、年会費無料のものがあります。
そういったクレジットカードは、利用がないと強制的に解約されることがあるので注意してください!

解約されないためにも、クレジットカードを作りすぎている方は、満遍なく使う必要があります。
そうなると、獲得できるポイントが分散するため、貯め終わる前に失効してしまうことも!

そういったデメリットもあるため、年会費無料のクレジットカードとはいえ、作りすぎはおすすめしません。

入会特典を理由に早期退会するのは止めよう!

画像:早期退会について

よく「入会特典」を目的にクレジットカードを作成し、すぐ退会する方がいますが、これもおすすめしません。
というのも、発行会社としては利用者を増やし、その誰しもに長く使ってもらいたいという考えがあるからです。

そのための施策として入会特典を付けているのに、特典だけを目当てに早期退会されれば、発行会社としては困ります。
また、当然ながら入会特典や発行準備にはお金がかかっているので、早期退会されては損失も出ていることでしょう。

こうしたことから、入会特典目当ての申込みは印象が良くなく、今後その発行会社のクレジットカードは作れなくなることも。
早期解約は絶対にいけないこと…とまでは言いませんが、入会特典だけを目的に申込むのは止めておきましょう。

クレジットカードの入会特典は、入会しただけでは手に入らないものも多いです!
貰えるまでに数ヶ月かかったり、条件を達成しないことには渡されなかったりすることもあります。
作りすぎてからでは後の祭りなので、申請前に条件の確認を行いましょう。

作りすぎはやめておこう!2~3枚の保有がおすすめ

画像:作りすぎよりも2~3枚の保有がおすすめ

人によって年収や必要性は異なるので、作りすぎが必ずしも良くないとは言えません。
しかし、5枚10枚と作りすぎる必要は基本的に無いので、あなたに合った枚数を保有するのがおすすめです。

とはいえ、結局のところ何枚のクレジットカードが作りすぎのラインなのか、気になりますよね!

日本クレジット協会の調査では、平成30年3月末時点での1人当たりの保有数を2.7枚と発表。
また、当サイトでも「メインに1枚・サブに2枚」の合計3枚のクレジットカードを所持することを推奨しています。
なので、クレジットカードを複数枚所持するなら、2~3枚を基準に作りすぎか否か判断してみてはいかがでしょうか?

参照:クレジットカード発行枚数調査結果の公表について|一般社団法人日本クレジット協会

もし、その3枚を何にするか決められない方は、当サイトをご覧ください。
100枚を超えるクレジットカードを紹介しているので、きっと最適な3枚が見つかります!

クレジットカードを探してみる

タイトルとURLをコピーしました