クレジットカードを渡し忘れた!そんなとき店員が取るべき行動とは?

クレジットカードを渡し忘れたら…いったいどうすれば良いの?

画像:クレジットカードを渡し忘れた場合の対処法

クレジットカードを渡し忘れ、焦っている方が多いと思います。
ただ、まずは心を落ち着かせ、冷静に対処するようにしてください。

心を落ち着かせられたら、クレジットカードを渡し忘れたことを上司に相談しましょう。
もしかすると、クレジットカードの返し忘れに関するアドバイスをくれるかもしれません。

上司への相談が済んだら、全ての社員にクレジットカードの渡し忘れが起きたことを報告してください。
これは、クレジットカードがないことに気付いたお客様がお店に取りに来る可能性があるため。
あなた以外のスタッフにお客様が尋ねたとしても、対処できるようにしておくことが大切です。

もし、お客様の連絡先などがわからないなら、すぐにクレジットカード裏面に記載されている電話番号に連絡しましょう。
そうすれば、あなたがクレジットカードを渡し忘れたことを発行会社が代わりに伝えてくれるかもしれません。

今回は、クレジットカードの渡し忘れについて、知っておくべき正しい対処法を紹介。
また、対処が遅れた場合に起こり得る問題についても紹介します。

クレジットカードの渡し忘れが発覚した際は正しく対処し、お客様とのトラブルを避けましょう!

まずは落ち着くことが大切!

画像:落ち着くことが大切

お客様のクレジットカードを渡し忘れたなんて事態になった場合、焦ってしまうかと思います。
ですが、まずはいったん落ち着くことが先決です。

焦ると、次にどういった対処をすればいいか正しい判断ができなくなります。
また、気が散漫になり、同じミスや他のお客様に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

そうならないよう、まずは落ち着いて冷静な判断ができるように気持ちを整えましょう。

上司にどうすればいいか相談しよう!

画像:上司への相談

気持ちを落ち着かせたら、次に行動していきます。
クレジットカードを渡し忘れたことに気づいたら、まずは今後について上司にどうすればいいか必ず相談しましょう。

上司は経験が豊富なので、クレジットカードを渡し忘れたときの対処法を知っている可能性があります
また、お客様にクレジットカードを渡すときの謝罪方法もアドバイスしてくれるかもしれません。

そのため、クレジットカードを渡し忘れたことについて、上司にはきちんと謝ると共に相談をしましょう。

クレジットカードの渡し忘れを全ての社員に伝えよう

画像:クレジットカードの渡し忘れを社員に伝える

クレジットカードを渡し忘れたことに気づいたら、社内全員にその旨を伝えましょう。
これは、クレジットカードを無くしたことに気づいたお客様から取りに来たり連絡を掛けてきたりする可能性があるからです。

もしも渡し忘れたことを知っているのが自分だけの場合、お客様からの連絡に正常な対応ができません。
なので、アルバイトや派遣社員関係なく、そのお店で働いている全ての社員に伝えましょう。

社内で共有する情報は主に3つ!

画像:社内で共有する情報について

  • クレジットカードを渡し忘れたときの状況や経緯
  • お客様とのやりとりは何時頃だったか
  • お客様の年齢や性別など

クレジットカードを渡し忘れたときの状況やお客様の情報は、思い出せる範囲で細かく伝えておくことが大切です。
これらの情報を共有しておけば、自分が他のお客様を対応しているときでも他の社員がスムーズに対応できます。

伝え忘れていると、他の社員は状況把握のため事実確認をしなければいけません。
そうなると、お客様に時間をいただかなければいけないうえ、お店側の責任とわかれば信用も落ちてしまいます

こういった状況にならないよう、クレジットカードの渡し忘れに気づいた時点で、即座に全ての社員と情報共有しておきましょう。

伝えてはいけない情報もあるので注意!

画像:伝えてはいけない情報

情報共有の注意点として、全ての社員に知らせる際はクレジットカード情報を広めるのは止めましょう。

今やクレジットカード本体が無くても買い物ができる時代。
それなのに、社員全員に広めてしまうとクレジットカードの不正利用に繋がる恐れがあります

あくまでも伝えるのは、クレジットカードの渡し忘れがあったことだけ。
クレジットカードの保管も、一部の人だけが知っている状態にしておくよう心がけましょう。

クレジットカード会社に渡し忘れの連絡をする!

画像:クレジットカード会社への渡し忘れの連絡

渡し忘れたクレジットカードですが、常連さんならまだしも、見覚えのない方というケースもあることでしょう。
連絡先や住所がわからず、また次に来店される目処も立たない場合、渡し忘れたクレジットカードを返す当てがありません。

そこで、クレジットカードの発行会社に連絡してみましょう
クレジットカードの発行会社であれば、渡し忘れたという旨をお客様に伝えてくれる可能性があります。

連絡方法は、クレジットカードの裏面にお問い合わせ番号が記載されているので、そちらに掛けましょう。
もしくは、発行会社の公式サイト等に連絡先が載っているので、そちらに掛けても大丈夫です。

電話をするとコールセンターと繋がるので、渡し忘れたクレジットカードはお店で預かっていることを伝えましょう。
預かっていることをクレジットカード会社に伝えたら、あとは指示に従えばOKです。

対処が遅れた場合や放置してしまうとどうなる?

画像:対処が遅れた場合

もしも対処が遅れたり放置したりすると、最悪の場合お客様とのトラブルに発展します

お店側からすると、クレジットカードを渡し忘れただけかもしれません。
ですが、お客様からすると、盗まれたと勘違いして疑いの目を向けられる可能性があります。

また、お客様がどこで失くしたか覚えていないと、不正利用を防ぐためにクレジットカードの利用を停止して再発行するかもしれません。
再発行は手数料が掛かるうえ、発行に1~10日前後の時間が掛かります。

そのような手間や出費をお客様にさせてしまううえ、後に渡し忘れたことがわかれば大きなトラブルになります。
そういったことを避けるため、またお客様に安心してもらうためにも、下記についてはすみやかに実行しましょう。

  • 渡し忘れた時点で、すみやかに社員全員と情報を共有する
  • クレジットカード会社に連絡をする

TOPページ

タイトルとURLをコピーしました