クレジットカードに記載されている番号の見方について解説!

クレジットカードの番号について解説!見方とは?

画像:クレジットカード番号の見方について

クレジットカードを見てみると、様々な番号が書かれていますよね。
ふと、「クレジットカードの番号に見方はあるのかな?」と気になった方もいるのではないでしょうか?

クレジットカードに記載されている番号の総数は13種類ほど。
表面にはクレジットカード番号や有効期限などが記載されていて、裏面にはセキュリティーコードや問い合わせ先などが書かれています。

当然ながら、クレジットカードに記載されている全ての番号には意味があり、且つ見方があります。
もし、意味や見方について知らないと、いざクレジットカードで支払う際に困ってしまうかもしれません

そうならないために今回は、クレジットカードの番号について、それぞれの意味を交えながら見方をわかりやすく紹介。
どんな数字が記載されているのか一挙に紹介することに加え、各々の見方についても解説します。

わざわざ記載されているということは、それぞれに何かしらの意味があるということ。
クレジットカードを賢く使うためにも、書かれている番号の意味や見方について詳しくなっておきましょう!

クレジットカードに記載されている番号の一覧と見方

画像:クレジットカードに記載されている番号の一覧と見方について

表面

  1. ICチップ
  2. 有効期限
  3. クレジットカード番号
  4. 国際ブランド
  5. 利用者名(会員氏名)
裏面

  1. 磁気テープ
  2. セキュリティコード
  3. 注意事項
  4. 署名欄/サイン
  5. 発行会社
  6. 発行会社問い合わせ先など、詳細情報

それでは、上記の中でも重要な番号をいくつかピックアップし、それぞれの見方について解説します。

クレジットカード番号

クレジットカードの中で最も桁数の多い番号が「クレジットカード番号」です。

クレジットカード番号の桁数は、国際ブランドによって変化。
以下の通り、選択した国際ブランドで桁数が「14桁~16桁」に変わります。

VISA / Mastercard / JCB16桁4-4-4-4
American Express15桁4-6-5
Diners Club14桁4-6-4

国際ブランドで桁数が異なるのは、各クレジットカードの種類や識別を分類できるよう、国際規定で定められているため。
また、どのクレジットカードも、最初の6桁の番号で発行会社を識別できるようになっています。

有効期限

基本的に、クレジットカードの有効期限は、「月/年」という表記になっています。

例えば、クレジットカードに「12/22」と記載されていたとします。
この場合の見方としては、「2022年12月31日」まで利用が可能ということです。

セキュリティコード

クレジットカードの裏面には、主にネットでの支払い時に必要となる「セキュリティーコード」が記載されています。
基本的には3~4桁の番号となっていて、クレジットカードの発行会社によって変化します。

セキュリティーコードについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

セキュリティコードの詳細についてはこちら

それぞれの意味や見方について

画像:それぞれの意味や見方について

最も桁数の多いクレジットカード番号には、各桁ごとにそれぞれ意味があります。

ここからは、クレジットカード番号の意味について詳しく紹介します。

クレジットカード番号の意味は、ISO/IEC 7812という国際規定で制定されています

1桁目は産業分類を識別している

クレジットカード番号の最初の一桁は、そのカードを発行している発行会社の産業の分類を示しています
番号とその意味の一覧は以下の通りです。

  • 0:ISO予約値
  • 1:空港関連
  • 2:空港関連/将来発生される産業
  • 3:旅行/娯楽/銀行/金融関連
  • 4:銀行/金融関連
  • 5:銀行/金融関連
  • 6:運輸/銀行・金融関連
  • 7:石油関連
  • 8:ヘルスケア/医療/通信関連
  • 9:国毎に割当可能な数字

1桁目~6桁で発行会社がわかる

1桁目を含めた最初の6桁で、どの会社が発行しているのか、またどの国際ブランドなのかが識別できます
3~5番は金融関係の会社を指す番号で、皆さんが知っているクレジットカードのほとんどがここに該当します。

3:JCB / American Express / Diners Club

  • 3540 08 JCB
  • 3542 59 YAHOO!JAPAN JCBカード
  • 3761 04 American Express
4:VISA

  • 4220 02 Life-ライフカード VISA
  • 4297 69 楽天カード VISA
  • 4538 87 Yahoo! JAPAN VISA
5:Mastercard

  • 5166 45 au Wallet・WebMoney Card
  • 5208 48 UFJ マスター
  • 5210 12 楽天カード Master

忘れてはいけない!暗証ナンバー

画像:暗証ナンバーについて

クレジットカードに直接書かかれていない、暗証番号についてもしっかり管理しましょう。
海外ではクレジットカード利用の際、サインではなく暗証番号の入力を求められることが多いため暗証番号を覚えておくことは必須です。

暗証番号は日本ではあまり使う機会がないため、カード利用者の中にはいつのまにか番号を忘れてしまう人も…
メモ書きにしない限り盗まれることはありませんが、決して存在を忘れてはいけない番号と言えます。

暗証番号を忘れた時の対処方法

おすすめはこちらから!

画像:おすすめについて

以上、クレジットカードに記載されている番号と意味、見方についての解説でした!

クレジットカードの番号は、あらゆる規定に基づいて決められていて、世界で同じ番号が存在しないように作られています。
もちろん、全ての番号を覚える必要はありませんが、他人の手に渡ればすぐにでも悪用できてしまう仕様となっているため、クレジットカードの管理は徹底しましょう。

もし、クレジットカードを探している方がいたら、以下のページをぜひチェックしてみてください!
おすすめばかりで作成したランキングを紹介しているため、あなた好みのクレジットカードが見つかるかもしれません。

クレジットカードを探す

タイトルとURLをコピーしました