クレジットカードを傷や汚れから守る「保護シール」はある?

クレジットカードの保護シールはある?

画像:クレジットカードの保護シールについて

クレジットカードに深い傷や汚れが付かないよう、保護シールを探している方も少なくないことでしょう。

ただ、残念なことにクレジットカード用の保護シールはありません。
これは、クレジットカードの磁気ストライプが利用できなくなる恐れがあるため。
クレジットカードの利用に支障をきたすため、保護シールがないという訳です。

とはいえ、保護シールはないものの、クレジットカードを傷や汚れから守る保護ケースはあります。
クレジットカードを使う際に毎回ケースから取り出す手間は掛かりますが、傷が付いたり汚れたりするのを防ぎたい方におすすめです!

今回は、クレジットカードに保護シールがない理由を始め、代わりになるアイテムをいくつか紹介。
また、クレジットカードに深い傷や取れない汚れが付いた際の対処法についても紹介します。

傷や汚れから守る方法について知り、クレジットカードをきれいに保ちましょう!

保護シールはない!その理由は?

画像:保護シールがない理由

クレジットカードを傷や汚れから守る保護シールというものはありません。
クレジットカードは磁気ストライプを使用するのですが、保護シールを張るとそれが利用できなくなる恐れがあるからです。

仮に代用できる保護シールがあったとしても、「スライドを邪魔しない薄いもの」・「磁気ストライプの認証の妨げにならないもの」でなければいけません。
もしそうでないと、クレジットカードの読み込みに問題が出てしまうので注意してください。

当然ながら、クレジットカードを守る純正の保護シールはありません。

保護ケースは存在する!

画像:保護ケースについて

保護シールはないですが、SuicaやPasmoといった「電子マネー用カードを保護するためのケース」は開発されています。
本来は「スキミング」という不正利用から保護するために開発されたアイテムですが、これにクレジットカードを入れておけば、多少の傷や汚れからは守れます。

ただ、クレジットカードを使う際、いちいちケースから取り出す必要がある点は大きな手間。
また、保護ケースの厚みで財布にクレジットカードが入らなくなる可能性もあるので覚えておきましょう。

フッ素コーティングをしてしまうのも手段の1つ

画像:フッ素コーティングについて

汚れを防ぐのであれば、保護シールではなく、クレジットカードにフッ素コーティングを施すのも1つの手です。

フッ素コーティングとは、本来は耐水性のないものでも撥水・撥油加工にしてしまう優れもの!
決して安いとは言えませんが、Amazonで購入できる手軽さがあります。

クレジットカードは、プラスチックでできていることがほとんど。
また、ICチップにも多少の耐水加工がされているなど、ある程度は水に耐えられるように作られています。

とはいえ、クレジットカードが使えなくなる可能性は十分にあるので、フッ素コーティングは自己責任で行ってください。

クレジットカードは簡単に掃除できる!

画像:クレジットカードは簡単に掃除できる

クレジットカードは手で触り、財布の中で擦れ、スキャン時に傷が付いて…と、使用していれば汚れるものです。
汚れるのは避けられないので、保護シールを探すのではなく、掃除方法を知っておく方が良いと思います。

上述した通り、多くのクレジットカードの素材はプラスチックで、且つICチップにも耐水加工が施されています。
水に弱くはないため、汚れが目立つようなら、水を吸ったタオルで軽く拭き取ってみてください。

ただ、強い洗浄力を求め、「除光液」を使うのはやめましょう!
これは、除光液でクレジットカードを磨くと、署名欄が消えるなどの恐れがあるからです。

「また書き直せば良いのでは?」と思うかもしれませんが、署名欄には不正利用を防ぐ技術が詰め込まれています。
仮に一度拭き取ると、以降クレジットカードが使えなくなるので注意してください。

再発行を検討してみては?

画像:再発行について

クレジットカードが使えなくなるほどの傷や汚れが付いてしまうこともあるでしょう。
そんな場合、クレジットカードの利用が困難と認められれば、再発行を行ってくれます。

クレジットカードの再発行は、発行会社に電話するだけでOK
券面裏に記載されている電話番号に連絡をすれば、クレジットカードの再発行手続きを行えます。

当然ながら、再発行の手続き中は、クレジットカードによる買い物ができません。
ただ、こういったイレギュラーなトラブルが起きても、クレジットカードを複数枚持っていると対処できるのでおすすめです!

日本クレジット協会によると、クレジットカードの平均所持枚数は2.6枚。
もし、1枚しかクレジットカードを持っていないなら、以下から探してみてはいかがでしょうか?

クレジットカードを探す

タイトルとURLをコピーしました