学生向けクレジットカードとは?メリット・審査・選び方について

学生向けクレジットカードとは?作れるの?

画像:学生向けクレジットカードとは

現代のキャッシュレスライフに欠かせないクレジットカード。
学生向けのクレジットカードを知り、検討している方も多いことでしょう。

ただ、学生向けのクレジットカードとはどんなものなのか、一般的なものと何が違うのか、わからない方もいると思います。

学生向けのクレジットカードとは、名前の通り大学生などに向けて作られたクレジットカードのこと。
審査が甘かったり利用限度額が低めに設定されていたりと、一般向けのクレジットカードとは違った特徴があります。

学生向けクレジットカードを所持するメリットはたくさん。
ネットショッピングが楽になることに加え、旅行時の安心を保証できるなど、様々なメリットを得られます。

そんな学生向けのクレジットカードには、おすすめの選び方があります。
基本的には、「年会費」・「ポイント還元率」・「旅行傷害保険」の項目を比較して選べばOK。
これらの項目をしっかりと確認して選べば、あなたに最適なクレジットカードを手にできることでしょう!

そこで今回は、学生向けのクレジットカードとは何なのか、概要を交えてわかりやすく解説。
また、学生のクレジットカード所有率を始め、メリット・審査・作り方・選び方も紹介します!

学生向けクレジットカードとは何なのかを知り、キャッシュレスライフをよりエンジョイしましょう!

学生向けクレジットカードとは?

画像:学生向けクレジットカードとは

学生向けクレジットカードとは、その名の通り大学生や専門学生のために作られたクレジットカードのこと。
一般向けのクレジットカードとは違い、学生が喜ぶ特徴やサービスを備えています。

その特徴とは、一般向けのクレジットカードより審査に通りやすい可能性が高いというものです。
これは、収入が安定していない学生でも作れるため。
また、クレジットカードの使いすぎを防ぐため、利用限度額が低めに設定されているところも特徴の1つです。

学生向けクレジットカードが備えているサービスは多種多様。
例えば、在学中は年会費が無料になったり、マイルが貯めやすくなったりするクレジットカードがあります。

このように、学生向けクレジットカードとは、審査が比較的甘く、且つ独自の特典を備えるもののことです。

所有率は61%!10人に6人が持っている!

画像:所有率について

一般社団法人クレジット協会は、2020年に学生のクレジットカード所有率を調査。
その調査結果は、以下の通りです。

今回の調査では、大学生のクレジットカード所持率は61.1%であり、前回の調査(平成29年度)の54%から7%増加し、また所持している学生の約8割が自分名義のカードを持っている。

引用:「大学生に対するクレジットカードに関するアンケート(令和元年度)」結果報告書

上記の通り、クレジットカードを所持している学生の割合は全体の約6割
10人中6人もの学生がクレジットカードを所持していることがわかりました。

学生がクレジットカードを所持している理由の一例は、以下にまとめています。

  • ネットショッピングが捗るから
  • 現金がなくても買い物できるから
  • 海外旅行時に活躍するから
  • ポイントや割引サービスがお得だから

現代のキャッシュレス社会において、クレジットカードは必要不可欠と言っても過言ではありません。
そういった背景もあり、多くの学生がクレジットカードを所持しているのでしょう。

学生がクレジットカードを所持するメリットとは?

画像:学生がクレジットカードを所持するメリットとは

学生がクレジットカードを所持するメリットとは、主に以下の通りです。

  • ネットショッピングが捗る
  • ポイントが貯められる
  • 旅行時に活躍する
  • クレジットヒストリーを築ける

それでは、上記4つのメリットについて、1つずつ解説します。

ネットショッピングが捗る

画像:ネットショッピング

学生がクレジットカードを持つ1つ目のメリットとは、「ネットショッピングが捗る」というものです。

仮に、通販サイトにクレジットカードの情報を登録しておけば、数秒でスマートにネットショッピングを行えます。
現金払いとは違い、銀行への振り込み代引き用のお金の準備といった手間が一切掛かりません。
学生の間で主流なネットショッピングにおいて、クレジットカードは必須と言えるでしょう!

ちなみに、銀行振り込みや代引きがなくなるということは、手数料をセーブできるということ。
ネットショッピング時のコストを節約できる点も、クレジットカードを持つ1つのメリットです。

ポイントが貯められる

画像:ポイント

学生がクレジットカードを持つ2つ目のメリットとは、「ポイントが貯められる」というものです。

ポイント還元サービスとは、クレジットカードの利用額に応じてポイントを獲得できるサービスのこと。
利用額「100円~1,000円」ごとにポイントを獲得でき、1ポイント当たり「1円~5円」の価値があります。

このポイントは、色々なアイテムに交換可能。
例えば、発行会社のカタログ商品やキャッシュバックにも換えられます。

何かとお金が必要な学生にとって、クレジットカードのポイント還元サービスは非常に大きなメリット。
クレジットカードの利用額によっては、ポイントの交換で欲しかったアイテムを手に入れられるかもしれません!

旅行時に活躍する

画像:旅行傷害保険

学生がクレジットカードを持つ3つ目のメリットとは、「旅行時に活躍する」というもの。
これは、多くの学生向けクレジットカードに旅行傷害保険が備わっているためです!

卒業旅行を始め、大学生や専門学生には旅行がつきもの。
そんな時、旅行傷害保険が備わるクレジットカードがあれば、安心して恋人や友人との旅行を楽しめます!

旅行傷害保険の充実度は、クレジットカードによって様々。
死亡時しか補償されないものから、ケガや病気に対する補償を受けられるものまであります。
また、国内旅行が補償の対象ではないクレジットカードもあるので、しっかりと確認しておきましょう。

海外旅行中に万が一現金が不足したとしてもクレジットカードがあれば安心!
現金がなくても買い物や支払いができるので、旅行時の安心感が違います。

クレジットヒストリーを築ける

画像:クレジットヒストリー

学生がクレジットカードを持つ4つ目のメリットとは、「クレジットヒストリーを築ける」というものです。

クレジットヒストリーとは、通称「クレヒス」と呼ばれるもので、クレジットカードやローンなどの金融取引に関する履歴をまとめた信用情報のこと。
良いクレヒスを築ければ、高ランクのクレジットカードやローンの審査に通りやすくなります

このクレヒスを築く上で、クレジットカードの利用が非常に重要。
支払いの滞納や延滞などなく、誠実にクレジットカードを使っていれば、良いクレヒスが積み上がっていきます。

仮に、学生から誠実にクレジットカードを利用していると、早いうちに良いクレヒスを築けます。
結果として、周りよりも早く高ランクのクレジットカードを持てたり、家のローンに通ったりするかもしれません!

家族カードを持つのも1つの手

画像:家族カードについて

学生向けのクレジットカードではなく、家族の方に「家族カード」を発行してもらうというのも1つの手です。

家族カードとは、本人会員の家族に対して発行されるクレジットカードのこと。
本人会員の信用情報をもとに発行されるため、新規で申請するよりも審査に通りやすいのが特徴です。

それだけでなく、自分名義で発行するクレジットカードとは違い、家族カードには以下のような特徴があります。

  • 家族カード用の利用限度額は設けられない
  • 本人会員の口座から利用額が引き落とされる
  • 本人会員にクレジットカードの利用用途がバレる

家族カードを発行したからといって、利用限度額が増える訳ではない点には注意が必要です。

例えば、本人会員である親が所持しているクレジットカードの利用限度額が100万円だったとします。
もし、あなた用に家族カードを発行したとしても、この利用限度額は変わりません。
要は、親とあなたの2人を合わせ、100万円の範囲内でクレジットカードを使わなければいけないという訳です。

このように、審査が甘いという利点はあるものの、あなた専用のクレジットカードとは言えません。
利便性のことを考えると、家族カードではなく、あなた名義のクレジットカードを作る方が良いでしょう。

どれだけ使える?利用限度額について

画像:利用限度額について

基本的に学生向けのクレジットカードの発行対象は、収入が安定していない学生です。
そのため、学生向けクレジットカードの利用限度額は、一般向けとは違って低く設定されています。

利用限度額
学生向けクレジットカード5万円~30万円
一般向けクレジットカード10万円~100万円

上記の表は、あくまでも平均の値。
審査によって変わるものの、学生用クレジットカードだと高い利用限度額は設けられないので覚えておきましょう。

とはいえ、学生であれば十分な利用限度額を設けられます。
クレジットカードの使いすぎを防げることを考えると、決してデメリットとは言えません。

学生でもクレジットカードの審査に通る!

画像:学生のクレジットカード審査について

クレジットカードの審査に対して不安を抱いている学生も多いことでしょう。

嬉しいことに、学生はクレジットカードの審査に通りやすいと言われています!
というのも、クレジットカードの発行会社は、将来的に優良顧客になるであろう学生を囲い込みたいと考えているためです。

例えば、大学生や専門学生がクレジットカードを作ったとします。
この場合、卒業して社会人になっても、多くの方はクレジットカードを解約せずに使い続けます。

当然、発行会社としては、使い続けてもらった方がありがたいことでしょう。
学生時代に作ったクレジットカードは使い続ける可能性が高いため、審査を緩くして多くの学生を囲いたいと考えているという訳です。

基本的に学生でも審査に通過できるのは、一般ランクのクレジットカード。
ゴールド以上のクレジットカードに申し込んだとしても、審査に通過できる可能性は非常に低いので注意してください。

学生向けクレジットカードの作り方とは?

画像:学生向けクレジットカードの作り方とは

学生向けクレジットカードの作り方とは、主に以下の3通りです。

  • インターネットからの申請
  • 郵送での申請
  • 窓口での申請

これらの中で最もおすすめなのは「インターネットからの申請」です!
他2つの方法より手間や時間が掛からないため、インターネットからクレジットカードに申し込んでみてください。

以下にて、インターネットから申請する場合の大まかな流れをまとめています。

「インターネット」での作り方
  • STEP1
    公式サイトにアクセスする。
    各クレジットカードの公式サイトに行き、申込みページにアクセスします。
  • STEP2
    申込みページの必要事項を入力する。
    個人情報などいくつか質問されるので、それらを入力します。
    利用規約や同意書に目を通し、問題がなければチェックを押します。
  • STEP3
    発行会社による審査が行われる。
    返送した情報をもとに、発行会社が審査を行います。
    審査の過程で、いくつか質問するために電話が来ることがあります。
  • STEP4
    郵送されるカードを受け取る。
    審査の可否がメールなどで届き、通っていれば数日後にカードが届きます。

学生がクレジットカードを申請する際に必要なものは、以下の計3点です。

  • 学生証のコピー
  • 本人確認書類(パスポート・健康保険証・住民票写しなど)
  • 引き落とし口座の情報(口座番号など)

申請時に慌てないよう、上記3点は事前に準備しておきましょう!

おすすめの選び方とは?何を確認すれば良い?

画像:おすすめの選び方とは

ここからは、学生向けクレジットカードの選び方として、確認すべき項目を3つ紹介します!

年会費

画像:年会費について

まずは、「年会費」を確認しましょう!

学生向けのクレジットカードによって掛かる年会費は様々。
年会費が全く掛からないクレジットカードが多いものの、3,000円近くのコストが掛かるものもあります。

年間3,000円とはいえ、学生にとっては大きな出費。
基本的には、年会費が全く掛からないクレジットカードをおすすめします!

年会費が掛からないからといって、性能面が劣っている訳ではありません。
ポイントが非常に貯めやすいクレジットカードもあるので、ぜひ探してみてください!

ポイント還元率

画像:ポイント還元率について

「ポイント還元率」の確認も、学生がクレジットカードを選ぶ上で大切です!

ポイント還元率とは、利用額に対して獲得できるポイントの価値を数値化したもの。
クレジットカードの平均的なポイント還元率は0.5%程度です。

1.0%以上のポイント還元率があれば、ポイントがとても貯めやすいクレジットカードと言えます。
そのため、ポイントの貯めやすさを重視する場合は、1.0%以上の還元率があるか確認してください!

旅行傷害保険

画像:旅行傷害保険について

学生向けのクレジットカードを選ぶ際は、「旅行傷害保険」の確認を怠ってはいけません。

上述した通り、学生にとって旅行傷害保険の手厚さはとても大切。
海外への旅行を予定しているなら、ケガや病気に対する補償も備わっているか確認することをおすすめします。

もし、コロナが原因で国内旅行のみを予定している場合は、国内旅行傷害保険が備わっているかチェックしてください。
これは、国内旅行傷害保険が備わっていない学生向けクレジットカードが多いためです。
特に旅行の機会が多い学生は、旅行傷害保険の充実度でクレジットカードを選ぶようにしましょう。

常時1.0%の還元率!おすすめの学生向けクレジットカード!

画像:おすすめの学生向けクレジットカード

学生向けクレジットカードとは何なのかわかったところで、「おすすめが知りたい!」と思った方もいることでしょう。

そんな学生に向け、今回おすすめのクレジットカードとして紹介するのが「JCB CARD W」!
この学生向けクレジットカードは、年会費が永年無料とは思えないポイント還元率を有するおすすめの1枚です。

JCB CARD Wは、年会費が永年無料のクレジットカード
金欠になりがちな学生にとって、何の負担もなくクレジットカードを持てるのはありがたい限りです。

しかも、年会費無料とは思えないほどのポイント還元率を誇っているところがJCB CARD Wの最大の魅力。
なんと、このクレジットカードのポイント還元率は常時1.0%です!
クレジットカードの平均より2倍も高いため、単純に2倍のスピードでポイントを貯められます。

さらに、このポイント還元率は特定の店舗で大幅に上昇。
学生がよく利用するスターバックスやセブン-イレブンなどで獲得ポイント数がアップするので、ザクザクポイントを貯められます。
JCB CARD Wがあれば、貯めたポイントでたくさんのアイテムをゲットできるかもしれません!

その他にも、手厚い海外旅行傷害保険を備えていたり、審査が甘い可能性が高かったりと、学生に嬉しい特徴ばかりを備えるJCB CARD W。
高いコスパを発揮するので、学生にうってつけのクレジットカードです!

JCB CARD Wの詳細

よくある質問とは

画像:よくある質問とは

Q1,使いすぎるとどうなる?
自分の経済状況を考えずにクレジットカードを使っていると、使いすぎてしまうこともあります。
自分が支払える額以上に使いすぎてしまえば、当たり前ですが支払いが追い付かなくなって支払いの延滞を招くことに。
延滞が起きると、個人の信用情報に傷がつき今後のカードの審査が通らない要因になります。
使いすぎにはくれぐれも気を付けましょう。
Q2,収入が無いけど大丈夫?
学生であれば、収入がないことはさほど問題視されません。
しかし、しっかりと月々の利用費を用意できなければクレジットカードは使えないため、収入がなくても何かしらの資金が必要です。
収入がなくてもいい=タダで使える、と履き違えないようにしましょう。
Q3,審査が通らない場合はどうすればいい?
クレジットカードの審査に通らなかったという情報は、落ちてから6ヵ月間残ります。
カードの審査に落ちて、次の申し込みを確実なものにしたいという場合は、6ヵ月間申し込みを待ってみましょう。
待てない場合は、1か月後の再申請でも審査に通ったという例があるため、試してみる価値はあります。
Q4,親の同意は必要なの?
原則、18歳以上の学生でも成人していない場合は親の同意が必要となります。
審査の際に、親の元に電話がかかることもあるので、未成年で学生クレジットカードを申請する場合は事前に親の同意をもらっておきましょう。

こちらのランキングも要チェック!

画像:ランキングについて

今回は、学生向けクレジットカードとは何なのか、基礎知識を紹介しました。
また、学生におすすめのクレジットカードも紹介したので、ぜひ検討してみてください!

とはいえ、他のクレジットカードも比較してから選びたい学生の方もいることでしょう。

そんな方に向け、当サイトでは学生におすすめのクレジットカードを徹底比較。
比較結果でピックアップしたおすすめの7枚をランキング形式で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

学生向けクレジットカードランキング

タイトルとURLをコピーしました