学生もクレジットカードの分割払いはできる!利用方法と注意点を解説

クレジットカードの分割払いは学生もできる!

画像:学生によるクレジットカードの分割払いについて

きっと、クレジットカードでの支払いの際に分割払いが選択できるのか、気になっている学生の方もいると思います。

結論から言うと、学生でもクレジットカードの支払い方法に分割払いを選べます
学生や社会人など関係なく、クレジットカードの利用者なら誰でも選択できるので安心してください。

クレジットカードの分割払いの利用方法は非常に簡単。
店員さんにクレジットカードを渡す際、「分割でお願いします」と伝えるだけです。
その後、店員さんから回数を聞かれるので、あなたの希望を伝えればクレジットカードで分割払いを行えます。

そんなクレジットカードの分割払いですが、手数料が掛かる点には注意しなければいけません。
2回払いを超える分割の場合、実質年率をもとにした手数料が発生するので覚えておきましょう。

そこで今回は、学生におけるクレジットカードの分割払いについて、概要を交えてわかりやすく解説。
さらに、学生がクレジットカードで分割払いを利用する際に注意すべき手数料についても紹介します。

クレジットカードの分割払いは、メリットやデメリットを把握した上で利用すれば、とても便利な支払い方法。
学生だからこそ知っておくべき危険性を理解し、計画的なクレジットカード利用を目指しましょう!

分割払いとは?

画像:分割払いについて

クレジットカードで分割払いをすれば、買えなかったものが買えるかもしれません!

分割払いとは、購入金額を数回に分けて返済する支払い方法。
例えば、50,000円の商品を5回払いにすると、毎月の返済は10,000円 (*1) になります。
(*1)実際は、元金に手数料を足した金額を支払います。

返済額が下がるため、高いものを購入するにも余裕が出ます。

恋人へのプレゼント、友人たちとの旅行。
ちょっと奮発したいとき、クレジットカードでの分割払いがおすすめです!

お店によっては、学生問わず分割払いができないことがあります。
また、基本的に海外では一括払いのみなので、利用の際は注意しましょう。

手数料の計算方法!2回までは手数料が掛からない!

画像:手数料の計算方法について

分割払いには、手数料というデメリットがあります。

分割払いの手数料は、クレジットカードによって異なります。
以下のように、各クレジットカードの公式サイトに記載されているので、必ず確認しましょう。

画像:三井住友の分割手数料

参照:分割払い|クレジットカードの三井住友カード

上記で記載されているのは、「分割払いの実質年率」です。

実質年率とは、「返済に1年掛かるときの手数料率」を表したもの。
あくまでも年率なので、実際に分割払いをするときは利用日数に合わせて直さないといけません。

手数料の計算では、「利用代金100円あたりの分割払い手数料の額」を使います。
こちらを「利用代金×(手数料額÷100円)」の式に入れることで、分割払いの手数料を計算できます。

例:30,000円の商品を3回の分割払いにする場合…

  • 30,000円×(2.01÷100)=603円

上記の例より、手数料が603円であることから総返済額は30,603円。
これを3回の分割払いにするので、ひと月あたりの返済額は10,201円となります。

ちなみに、ほとんどのクレジットカードは、分割払いの回数が2回だと手数料が掛かりません。
手数料が気になる学生は、分割回数を2回までに抑えるようにしましょう。

その他の支払い方法は学生に不向き!

画像:学生に不向きな支払い方法について

クレジットカードの支払い方法は、分割払い以外にもあります。

  • ボーナス一括払い
  • リボルビング払い

分割払いと同じく、学生でもこれら2種類の支払い方法を選択可能です。

しかし、学生であれば、これらの支払い方法を利用しないことをおすすめします

仮に学生が利用すると、返済が滞るなどの大きなトラブルが起きてしまうかもしれません。
そこで、学生がこれらの支払い方法を利用しない方が良い理由を紹介します。

ボーナス一括払い

画像:ボーナス一括払いについて

「ボーナス一括払い」とは、主に夏と冬のボーナス時期に、それまでに利用した分をまとめて返済する支払い方法のことです。

名称に「ボーナス」とありますが、貰っていない学生でも利用可能。
引き落とし日に返済するなら誰でも利用できるので、学生も大丈夫という訳です!

ボーナス一括払いのメリットは手数料が掛からないこと。
そのうえ返済を先送りにできるので、分割払いよりもおすすめです。

ただし、学生にはボーナス一括払いをおすすめしません。
これは、請求が膨れ上がった場合、学生だと返済できない可能性が高いからです。

社会人と比較して、学生の収入は決して多くありません。
それなのに膨れ上がった場合、多くの学生は返済できる手立てがないことでしょう。

そうなると、残る手段は借金となり大変なので、学生は行わないことをおすすめします。

リボルビング払い (リボ払い)

画像:リボ払いについて

「リボルビング払い」とは、予め設定した金額を返済する支払い方法のことです。

例えば、設定額を10,000円にしたとしましょう。
この場合、請求が50,000円だとしても返済は10,000円になります。

残りの40,000円は、翌月・翌々月…と返していく流れです。
そのため、元金を全部返すためには5ヶ月掛かる計算になります。

こちらも分割払いと同じく、手数料が上乗せされます。
リボルビング払いの仕組みは難しいので、学生は利用しない方が良いでしょう。

クレジットカード利用の注意点は他にもある!

画像:クレジットカード利用の注意点について

分割払いを始め、学生でも他の支払い方法を選択できます。
それぞれに良し悪しがあるので、クレジットカードの利用前に確認しましょう。

今回は分割払いでしたが、クレジットカード利用の心配事は他にもあります。
こちらで「クレジットカード利用の注意点」を解説しているので、気になる方はご覧ください。

また、クレジットカードを作りたい学生さんもいることでしょう。

そんな学生さんに向け、当サイトでは学生向けのクレジットカードランキングを用意。
こちらで確認できるので、学生の方は参考にしてみてください!

学生向けクレジットカードを見る

タイトルとURLをコピーしました